dog

【2018年版】プレミアムドッグフードのモグワンドッグフードを徹底レビュー!

モグワンドッグフードとは?

普段愛犬にカナガンドッグフードをあげていますが、モグワンドッグフードを購入してみたので徹底レビューを行ってみます。

モグワンドッグフードは、プレミアムペットフードの輸入販売を行う株式会社レティシアンが、イギリスのドッグフード生産工場の専門家と打ち合わせを重ね、食材・食いつき・安全性・栄養バランス全てを追求して開発したドッグフードです。

まずは基本情報から

名称 モグワン
内容量 1.8kg
賞味期間 常温未開封で届いてから14ヶ月程度
原産国名 イギリス
特徴

①高タンパク・動物性タンパク質50%以上
②グレインフリー
③着色料・香料不使用

価格 1袋(1.8㎏)3960円(税抜き)

開発者はどんな人?

株式会社レティシアン(日本のプレミアムペットフードの輸入販売会社)とイギリスのドッグフード生産工場(画像の工場)の共同開発のようです。

日本のペットフード販売会社が、ペットオーナーの願いをかなえるために、健康的で食いつきの良い本当のフードを開発しました。

イギリスのカナガンドッグフードがベースになっているのではないでしょうか。詳しい情報が知りたい方は公式ページをのぞいてみてください。

公式ページ

モグワンの名前の由来は?

公式ページを見る限り、名前の由来は載っていませんでした。勝手に推測してみると、モグモグとドッグフードを食べるワンちゃんで、モグワンかなと思わせつつ、モグモグと食べるドッグフード・ナンバーワン(1)からモグワンと命名したのかなと推測します。個人的には、チャーミングで美味しそうなフードを連想する名前だと思います。

原材料と成分は?

GOODな原材料は?

  • チキン・・・脂質が低い上質なタンパク源で、愛犬の健康的な体作りをサポートします。元気をサポートするセレンやビタミン類も豊富です。
  • サーモン・・・還元作用の高いアスタキサンチンや健康を維持するDHA、スムーズなリズムを維持するEPAが含まれます。
  • ココナッツオイル・・・吸収分解が早い中鎖脂肪酸は、素早くエネルギーに変わります。ラウリン酸によるリフレッシュ作用も期待できます。
  • リンゴ・・・スッキリを促すペクチンが含まれるほか、元気をサポートするクエン酸やリンゴ酸、若々しさを維持する効果が期待できるポリフェノールが豊富です。 
  • カボチャ・・・美容のコンディションに役立つカロテンや、スッキリを促すカリウムが豊富。食物繊維もたっぷりで、内側から身体環境をサポートする効果も期待できます。
  • 海藻・・・ミネラルやビタミン、アミノ酸を含む栄養豊富な海藻です。オメガ3脂肪酸が美しいコンディションを保ちます。

注目すべき成分は?

  • 粗タンパク質 28%
  • 脂質 12%

祖タンパク質が28%と高タンパクにもかかわらず、脂質は12%と低脂肪となっています。モグワンはダイエット用フードやシニア用フードではありません。全年齢対応のドッグフードです。

モグワンの原材料はすべてヒューマングレードのものを使用し、安心・安全をとことん追求して生産されています。モグワンドッグフードは、安全・栄養満点・低カロリーを実現したドッグフードです。

原材料と成分を詳しく知りたい人は公式ページをのぞいてみてください。

公式ページ

パッケージは?

メインが薄いグレーで側面や裏面が薄いイエローです。パッと見は、すごい上品な感じに見えます。

もちろんジッパーが付いています。見てのとおり、マジックテープ仕様のジッパーなのでしっかりと密閉することができ、簡単に閉めることができます。ドッグフードだけでなく、パッケージにもこだわりを感じます。

モグワンドッグフードの中身はどうなのか?

形状は?大きさは?厚みは?

形状は不規則な丸形で、中心は穴が開いています。真ん中に穴を開けることにより、表面積を大きくして、水分の吸収効率を高め、水でふやけやすくし、胃の中で消化吸収が進むようにと考えられています。

大きさは、直径1cm弱です。カナガンドッグフードより小粒に感じます。小型犬にはちょうどいい大きさではないでしょうか。

厚みは、0.4cm程度で平らな形状です。中心部分が少し膨らんでいます。

モグワンドッグフードをふやかしてみるとどうなるか?

お湯の温度は30~40℃程度にしました。

15分間お湯に浸してみます。5分後(右の写真)は、水分を吸収し始めています。

10分後(左の写真)と15分後(右の写真)に水分はなくなっていますが、フードに芯は残っています。

カナガンよりは水分の吸収が鈍いのか、フードは芯も残り程よい硬さは残っています。ふやけすぎて触ったら形が崩れてしまうとかはありません。

15分後のフードです。全体的に芯が残っているのが分かると思います。さらにふやかすには、お湯の量や時間の調整が必要になります。

【実験】モグワン vs カナガンどちらが食いつきがいいか?

モグワンドッグフードとカナガンドッグフードを同時にあげてみて、どちらから先に食べるか、どちらが食いつきがいいか実験してみました。

実験の条件

  • カナガンドッグフードは3年前から毎日主食として食べさせている
  • モグワンドッグフードは今まで1度も食べさせたことがない
  • それぞれ単体で一切混ぜ合わせていない
  • 夜ご飯の時間に実験を行った
  • BLACK-カナガン WHITE-モグワン

 

【以下動画のネタバレ】

 

最初に、チラッとカナガン(BLACKの容器)を見るも、そのままモグワン(WHITEの容器)に近づきクンクンしてから食べ始めました。ガツガツと食いつきがいいですね。一気に完食しました。その後カナガンが気になるものの少し様子を見たあと、カナガンを食べ始め完食しました。食いつきはモグワンのほうが良さそうに感じます。初めてモグワンを食べさせましたが全然問題ありませんでした。モグワンの勝利かな。

モグワンドッグフードに切り替える場合の注意点は?

今まで慣れ親しんだドッグフードが、突然切り替わったら、犬もストレスを感じてしまい、ドッグフードを食べてくれない時があります。食べてくれたとしても、下痢や嘔吐してしまうケースもあります。

ドッグフードを切り替える場合は、新しいドッグフードを少しずつ増やしていき、1~2週間程度かけて全量を切り替えるようにしましょう。

ケンケンの愛犬は、カナガンからモグワンの切り替えは問題なさそうです。上の動画の撮影時に、初めてモグワンをあげましたが一気に食べてしまいました。カナガンを食べているワンちゃんはモグワンもしっかりと食べてくれると思います。モグワンは、全犬種・全ライフステージ用となっているので、どのワンちゃんにもあげることができます。

最後のまとめ

3年前からカナガンを食べさせてきましたが、今回モグワンをあげてみて、その食いつきの良さにはびっくりしました。明らかにモグワンのほうが食いつきがいいです。

カナガンとモグワンの原材料の大きな違いは、モグワンにはサーモンが入っていて、カナガンには入っていません。ケンケンも、寿司ネタではサーモンが大好きですが、実は回転寿司人気ネタランキングでも、サーモンが1位となっています。人もワンちゃんもサーモンが大好きなんですかね。

モグワンは、食いつきがよく・安全・栄養満点・低カロリーを実現したドッグフードです。通常購入なら1袋から、3960円+送料640円+消費税368円=合計4968円で購入することができます。迷っているあなた、まずは1袋から購入してみて、愛犬に試食させてみてください。ケンケンは今後モグワンに切り替えてみようと思います。

モグワン公式ページ

 

あわせて読みたい
【2018年版】プレミアムドッグフードのカナガンドッグフードを徹底レビュー!カナガンドッグフードとは? カナガンドッグフードをネット検索すると、食いつきがいいと大絶賛するサイトと、詐欺だ危険だと酷評するサイトに...