dog

【犬の病気】愛犬の車酔いについて。症状、原因、対処法は?

愛犬とドライブする時に注意すること

休日になれば、愛犬とどこに行こうか考えている飼い主さんは多いと思います。

そんな時、ほとんどの飼い主さんは、移動手段に車を使うと思います。しかし、愛犬を車に乗せる時に注意しなければいけない事があります。

それは、愛犬の車酔いです。愛犬が車酔いをしてしまうと、楽しいドライブが台無しになってしまいます。ケンケンの愛犬も、車酔いをして嘔吐していました。犬の車酔いはどんなものなのか、対処や予防法について、解説していきます。

車酔いの原因は?

①三半規管の影響

三半規管とは耳の奥にあり、平衡感覚(バランス)を司っている器官です。車に乗ると不規則な揺れが生じ、三半規管が過剰に刺激され、車酔いが起きてしまいます。

②不安、ストレス、嫌な記憶

慣れない車の空間や、どこに行くかわからない状況、過去の嫌な記憶など、精神的な要因も車酔いの原因となります。

ケンケンの愛犬は、車がバックすると悲鳴に近いような鳴き声をあげ、不安な状態になります。おそらく、車がバックすると車が停車して、車内に取り残されると思っているのでしょう。

③車内の臭い

臭いがきついと車酔いしてしまうのは、人も犬も同じです。特に犬は人の何倍も鋭い嗅覚を持っています。芳香剤や煙草などの臭いには敏感になります。

車酔いの症状は?

  • そわそわする
  • あくびをする
  • よだれが出る
  • 震える
  • 吠える
  • 嘔吐する

分かりやすい車酔いの症状は嘔吐ですが、嘔吐するまでには、よだれが出るなど、必ず他の症状で車酔いのサインが出ていると思います。注意してみてあげてください。

車酔いの対処法・対策は?

①車に乗せる直前に食事をあげない

犬は空腹でも満腹でも車酔いの原因となります。長時間のドライブ時は、車に乗せる2時間前までには、食事を済ませるようにしましょう。

②体を固定させる

車の揺れが車酔いの最大の原因です。車の中で自由にさせるのではなく、キャリーに入れて揺れの少ない状態にしましょう。

ケンケンの愛犬はトイプードル(小型犬)なので、キャリーに入れても揺れてしまい嘔吐していました。それからは、同乗者の膝の上にベッドを置いて愛犬をのせ、手で支えて固定してあげたら、嘔吐することはなくなりました。

③こまめに休憩をとる

余裕を持って出発して、こまめに休憩を取りましょう。最近では、ドッグランを併設しているサービスエリアもあります。愛犬に気分転換をさせ、外の空気を吸わせてあげましょう。

愛犬とのドライブは、飼い主さんも気を使いますので、休憩は多めにとってくださいね。

④窓を開けて新鮮な空気を取り入れる

車内の臭いは車酔いの原因となります。安全な範囲で窓を開けて、新鮮な空気を取り入れましょう。

⑤薬

車酔いが重症のワンちゃんは、獣医さんに相談して薬を処方してもらう方法もあります。

車と犬の記憶は?

あなたの愛犬が初めて車に乗ったのはいつですか?おそらく、母親犬や兄弟犬と別れて、新しい飼い主さんの元に連れていかれる時ではないでしょうか。その次は、混合ワクチンの接種や健康診断で動物病院に連れて行った時ではないでしょうか。

犬にとっては、嫌な記憶しかないと思います。一部のペット心理学者は、車酔いや車嫌いの原因は、一番最初に車に乗った時の嫌な記憶がトラウマになっているからだと指摘しています。

車に慣れるトレーニング

本格的に車に乗せる前に、車に慣れてもらうためのトレーニングを行ってください。まずは、エンジンのかかっていない車に乗せて、ドアも開けっ放しにしてください。おもちゃを持っていき、車の中で遊ばせるのもいいと思います。

少し慣れてきたら、エンジンをかけ、ウインカーやバック時の音を聞かせます。そして、少しだけ走行して愛犬の様子を観察してみます。トレーニングは何日もかけて行い、徐々に車に慣れさせていきましょう。

しかし、何度トレーニングをしても車酔いをしてしまう犬もいます。ケンケンの愛犬がそうでした。あなたの愛犬が車酔いするかしないか、早く見極めてあげることができれば、いろいろと対策を考えてあげることができます。

愛犬とドライブやお出かけは、とても楽しい時間となります。車酔いがひどいからといってお家でお留守番させることは、愛犬にとっても悲しいことです。愛犬が小さい時から、コツコツと車に慣れさせていけば、徐々に車に慣れてくると思います。