dog

【おすすめのペット用品】愛犬のハウス選び。ケージ、サークル、クレート、どれがいいか?

愛犬のハウス

愛犬にとってハウスは、寝る場所、敵から逃げる場所、リラックスできる場所など、とても重要な場所になります。ハウストレーニングを行い、飼い主さんの合図で愛犬が自ら移動してハウスに入ることをしつける必要があります。

愛犬のハウス選びは、犬とどのように暮らしていくのか、考えてから購入しないと失敗してしまいます。初めて犬を飼う人は、これから犬とどのように暮らしていくのか想像できませんね。トイプードル2頭と暮らしているケンケンがハウス選びのポイントを紹介します。

ケージ、サークル、クレートの違いは?

ケージ:天井から床まですべてが覆われているタイプのものをいいます。四面が覆われているため頑丈であり、折り畳みや移動が可能なものが多数あります。

網目から犬が外の様子を見ることができます。動物病院やペットホテルなどでも使われています。ケージの床にトレーが付いた、掃除に便利なタイプもあります。

檻状になっているため、物の出し入れがしづらいですが、屋根を取り外すことができるタイプもあります。

サークル:側面のみ、または側面と床のみ囲まれたタイプのものをいいます。天井がないので、お手入れがしやすく開放感があります。

大きさや形を変えられるタイプが多く、犬の成長や部屋の間取りに合わせられるため便利です。八面と大きいタイプもあります。

天井がないので、犬が飛び越えてしまう可能性があります。別売りで天井が付けれるものもあります。

クレート:犬を入れることのできる小型のケースです。ケージやサークルは家の中に設置する大きな家であるの対して、クレートは持ち運びもできる小さな家になります。

クレートに普段から慣れておくと、出かけるときや災害時に嫌がらずにクレートに入れることができます。

愛犬のハウスはどれがいいか?

    ケージ

  • 作りが頑丈である。
  • 全面を覆われているので安全である。
  • 折り畳みや移動が可能なタイプがある。
  • 物の出し入れや掃除がしづらい。
  • ある程度の設置スペースが必要。

    サークル

  • 開放感がある。
  • 物の出し入れや掃除がしやすい。
  • 犬が飛び越えてしまう可能性がある。
  • 大きさや形を変えることができるタイプがある。
  • ある程度の設置スペースが必要。

    クレート

  • サイズがコンパクトである。
  • 外に持ち運びができる。
  • 安全性が高い。
  • 設置スペースが少なくてよい。
  • 愛犬に合ったサイズを選ぶ必要がある。

ケンケンは、ケージ→サークル→クレート→サークル(現在)とすべて購入して使ってきました。それぞれにメリット・デメリットがありますが、これから小型犬を飼う人には、サークルとクレートの併用をおすすめします。

あわせて読みたい
【おすすめのペット用品】小型犬のクレート選び。クレートのおすすめは!バリケンネル、リッチェル!愛犬のハウスは? 室内で犬を飼う場合に愛犬のハウスをどこに設置するか、ケージ、サークル、クレートのうち、どれにするか考えなければなりま...

現在使用中のサークル

現在使用中のサークルです。ひっくり返って寝ていますね。
大きさは、長辺143cm×短辺55cm×高さ60cmです。大きさが変えられるタイプです。

ひとつ前に使っていたリッチェルのサークルです。
大きさは、長辺88cm×短辺58cm×高さ60cmです。大きさは固定タイプです。取り外しのできるトレーが付いています。

ハウスと指示すると入ります。ただそれだけの動画です。

ケンケンは、サークルが開放感があり、手入れもしやすくサイズも変更可能なので、好んで使用しています。小型犬なのでサークルを飛び越えることもありません。

ケージ、サークル、クレートどれにするか決まりましたか?愛犬との生活環境をよく考えてハウスを決めて下さいね。