music

【人気曲】ELLEGARDEN BEST1999-2008 ベストアルバム全曲レビュー

ELLEGARDEN ベストアルバム全曲レビュー

8月15日のELLEGARDENの千葉マリンスタジアムでのライブに当選しました!


実は4月からの、にわかファンでありますが、エルレの楽曲の良さにはまってしまい、今では毎日聴いています。そこで、エルレの予習復習を兼ねて、ベストアルバムの全曲レビューを行います。

エルレを知らないあなた、ぜひ一度聴いてみてくださいね。キャッチーでメロディアスな曲がとても印象的です。ロックパンク好きな人は、はまること間違いなしです。

オレンジ色の曲名またはアルバム名をクリックすると、Amazonの音楽サイトが開き、下にある『この曲(アルバム)を試聴する』から、30秒間試聴することができます。ぜひ聴いてみてください。

ELLEGARDEN BEST1999-2008

1.My Favorite Song

1stアルバム『DON’T TRUST ANYONE BUT US』に収録。ドラムとギターの掛け合いのようなイントロがかっこいいです。ギター、ドラム、ベース、それぞれがしっかりと主張していて、サビでボーカルの声との絡み合いが絶妙です。

2.風の日

1stアルバム『DON’T TRUST ANYONE BUT US』に収録。アメリカのiTunesでのみ配信されたUSバージョンの収録です。1stアルバムとは声の感じが違います。ぜひ聴き比べてみてください。どちらの声もいいですよ。

Aメロ、Bメロは静かな感じで進行し、サビで一気に賑やかになります。エルレの代表曲にも数えられる名曲で、歌詞は日本語でシンプルかつ分かりやすいです。泣きたいときには泣いて、笑いたいときには笑って、そんなに無理するなよ、と歌っています。

3.Middle Of Nowhere

1stアルバム『DON’T TRUST ANYONE BUT US』に収録。こちらもUSバージョンの収録です。哀愁感漂う曲です。ミドルテンポでしっとりと歌い上げています。

4.(Can’t Remember)How We Used To Be

2ndミニアルバム『My Own Destruction』に収録。アップテンポのナンバーです。途中にシャウトもありますがシンプルな構成の曲です。

5.ジターバグ

2ndアルバム『BRING YOUR BOARD!!』に収録。全編日本語詞のアップテンポのナンバーで、エルレファンなら誰もが知っている人気曲です。イントロからサビまで一気に疾走していきます。とてもキャッチーな曲です。

6.金星

2ndアルバム『BRING YOUR BOARD!!』に収録。全編日本語詞のミドルテンポのナンバーです。誠実に正直に生きていこうと、歌っています。

7.So Sad

2ndアルバム『BRING YOUR BOARD!!』に収録。スローテンポで変わった感じの曲です。特にイントロ終わりからAメロに入るところ。どろ~んとしてます。

8.Supernova

3rdアルバム『Pepperoni Quattro』に収録。エルレの中でもとても人気のある曲です。イントロから疾走感あふれるノリノリの曲です。サビになってガンガン前に出てきたかと思えば、途中でテンポがゆっくりとなり、また元の早いテンポに戻ります。このテンポの強弱がやみつきにさせてくれます。

9.スターフィッシュ

3rdアルバム『Pepperoni Quattro』に収録。イントロのギターのフレーズがとても印象的なポップロックな大人気曲です。日本語詞が中心ですが、途中英語詞も出てきます。君に会いたいけど会えないんだと切ない感じの歌詞です。

10.Make A Wish

3rdアルバム『Pepperoni Quattro』に収録。すごい曲です。聴けば聴くほど、はまっていきます。弾き語りの静かな曲調から最後に一気にテンポが変わりテンションマックスとなります。曲調の変化がとても面白いです。『Supernova』→『スターフィッシュ』→『Make A Wish』の3曲連チャンが聴いていてノリノリにさせてくれます。

11.Pizza Man

3rdアルバム『Pepperoni Quattro』に収録。ダニエル君をひたすら探すという意味が分からない英語詞です。テンポの良いパンクナンバーで盛り上がること間違いなしです。

12.Red Hot

4thアルバム『RIOT ON THE GRILL』に収録。最初は弾き語り調でスローテンポから一気に曲調が変わり賑やかになります。エルレお得意のパターンです。

13.

4thアルバム『RIOT ON THE GRILL』に収録。風の日に似た感じの曲でミドルテンポナンバーです。AメロBメロが静かな感じからサビで一気に賑やかになります。この強弱がたまらないです。

14.Marry Me

4thアルバム『RIOT ON THE GRILL』に収録。全編英語詞です。アルペジオの静かな感じからサビでは疾走感に溢れ、ギターソロは少し哀愁を感じることができる、全てが詰まった曲です。

15.Missing

4thアルバム『RIOT ON THE GRILL』に収録。かっこよくて美しい曲です。イントロは澄んだ美しい感じがしますが、Aメロから小走りで駆け始め、サビで一気に盛り上がっていきます。何度聞いても不思議な感じのする曲です。

16.The Autumn Song

5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』に収録。全編英語詞です。夏が終わって秋がくるさみしさを自分の心情に重ね合わせて歌っていますが、詞の内容とは一転して曲はアップテンポで軽快な曲です。

17.Fire Cracker

5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』に収録。イントロはギター、ベース、ドラムの重厚なロックサウンドからバンドの一体感が感じられます。Aメロは一転して、ギターアルペジオとボーカルの澄んだ流暢な英語詞が心地よく耳に響き、キャッチーなサビへとつながっていきます。ロックテースト満載のナンバーです。

18.Space Sonic

5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』に収録。この曲のPVが面白いです。なぜか全員女装しています。ギターのメロディが凝っています。随所にアルペジオが出てきて曲を引き立てています。サビの盛り上りはいまいちですが、曲全体を通しては強弱もありかっこいい仕上がりになっています。

19.Salamander

5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』に収録。曲のかっこよさで言ったらエルレbest3に入ると思います。何回も聴くとどんどんはまっていく曲です。サビは澄んだボーカルの声とリズムが合致して、心地よく気持ちよく音が耳に入ってきます。

20.Mr.Feather

5thシングル『Space Sonic』に収録。AメロBメロの落ち着いた感じからしっとりと聴かせる曲かと思っていると、サビで一気に盛り上がります。2回目のサビに入るところがかっこいいです。静かで落ち着いた部分とサビで盛り上がる部分の強弱がこの曲を引き立てています。

21.高架線

5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』に収録。風の日、虹に続く、AメロBメロが静かな感じからサビで一気に賑やかになる、日本語詞のナンバーです。ミドルテンポナンバーは切ない感じが漂いつつも、キャッチーな曲が多く、ついつい口ずさんでしまいます。

まとめ

素人が楽曲レビューをするのは難しいですね。曲の印象や受けた感じを言葉にして伝えるのが至難の業です。

ELLEGARDENの曲は捨て局なしのいい曲ばかりです。ベストアルバムを聴いてみて、エルレを気に入ったら、他のアルバムも聴いてみてください。まだまだキャッチーでメロディアスな曲はたくさんあります。


ELLEGARDEN BEST 1999-2008